美味しいと評判の日本の水道水

日本は蛇口を開けるだけで、清潔で安全な飲料水が簡単に手に入る環境です。水道水と明かさずにミネラルウォーターと飲み比べを行っても、水道水と気付かないほど美味しく飲める地域もあります。しかし中には蛇口から出した生水をそのまま飲むことに抵抗がある方もいるでしょう。そのような場合は工夫を加えることで美味しく飲めるようになります。

■水道水の美味しさの基準

水道水の美味しさは、原水の質とカルキの量にかかっています。日本では水道法とそれに関する省令によって水質基準が厳格に定められ、安全な水がいつでもどこでも飲むことができます。しかし、現実には人はミネラルウォーターなどを買って飲むようになりました。
美味しい水の基準としては、水温が20度以下で残留塩素量や硬度、渋みなど細かいことが計測されています。それらの細かい数値は別にして、本当に水道水はまずいのでしょうか。実はこれは飲み方にかかっています。水を美味しく飲むコツとしては、やかんの蓋を開けた状態で5分ほど沸騰させ、冷蔵庫で10℃から15℃まで冷やすと、美味しい水に変わります。

■不純物が気になる場合は浄水器の使用がおすすめ

美味しく飲めると評判の日本の水道水ですが、料理や飲み水にはミネラルウォーターを購入している人もいます。しかし、家庭の水道に浄水器を設置することで、残留塩素や溶解性鉛などの不純物を取り除き、ミネラルウォーターのような美味しい水を簡単に手に入れることができます。
浄水器を置く場所がないという場合でも、浄水器が内蔵されているタイプの水栓を取り付ければ省スペースで設置できるため評判も高いです。

■まとめ
水道水でも工夫によっては美味しく飲むことができます。これだけ安全な水がどこの家庭でも蛇口をひねることで出てくるのは世界でも珍しいことなのです。この恩恵を無駄にせず、もっと水道水を楽しむことをしてみても良いかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ